前へ
次へ

自己破産すると仕事ができなくなるのか

お金を得る最も簡単な方法は仕事をすることでしょう。自営業を自分で営んでもいいでしょうし、求人に応募して会社などに勤めるのも良いでしょう。自営業となるとそれなりに能力が必要なので、まずは一般の会社などに勤めたりアルバイトなどをしながらお金を得ていくと良いかもしれません。お金があれば衣食住の全てが満たせるようになり親からも自立できるようになります。せっかく得たお金は浪費するのではなく、適度に使い時には貯蓄などが必要になるでしょう。お金は非常に便利なので、ちょっとしたことでお金に惑わされるときもあるようです。通常は自分の持っているお金以上の買い物はできないと考えますが、ちょっと足りないときに利用できるカードローンを始め色々な借り入れの仕組みがあります。お金が足りないときに我慢するのではなくお金を借りて欲を満たす生活をしていると、借金をするのが当たり前になってくるでしょう。借入を返済するために借入をする多重債務に陥るようになると返済が難しくなります。借金の返済が難しい時に取ると良い方法として自己破産があり、これによりそれまでに積みあがった借金を無くせるようになります。一からのスタートを切ることができますが、その前にある情報を聞いて本当にしてもいいのか気になる人もいるようです。それは自己破産をしたら仕事ができなくなるとの噂です。いくら借金がなくなってもお金を得る手段である仕事が出来なければそれ以降生活ができなくなります。仕事ができなくなるのは本当かどうか確認しておきましょう。

事業承継のための補助金申請に対応する札幌の税務事務所
地域の経営資源となる事業が途切れないよう、事業の引継ぎを後押しします。

様々な経営支援プランがある札幌の税理士事務所
会社設立や相続税の手続きへの支援といった幅広いケースに対応可能です。

Pマーク取得後のコンサルをしている東京の会社
Pマーク取得後の運用に関して課題がある方はご相談ください。

堺にある平日忙しい方でも相談可能な弁護士
土日祝日の相談も可能なため、一度お問い合わせください。

初回相談が無料の川越の弁護士
初めての方でも料金を気にすることなく法律相談ができます。

まず仕事ができなくなるのは本当で、全ての仕事ではないもののある特定の仕事に従事している人は仕事ができなくなります。一定の資格を必要とする仕事が多く、警備員の仕事もできないのでそれまでしていた人は注意が必要でしょう。ではどれくらいの期間できないかですが、裁判所に手続きの申請をした後免責を受けるまでの期間になります。手続きをしたらそれ以降一切できないと考える人もいますがさすがにそれだと生活ができないでしょう。仕事ができない期間としては数箇月程度なので、その間は別の仕事をするとよいでしょう。

Page Top